体の60%は水分。1日に約1.2Lは飲み水として摂る必要があります。

体の60%は水分。1日に約1.2Lは飲み水として摂る必要があります。

ヒトの体の約60%は水分です。例えば体重60kgの成人男性の場合、体内の水分量はなんと36kg! これらは細胞の中や間を満たし、一部は血液として体内を循環し、健やかな体を維持しています。そしてこのうち、1日に尿や汗などで2.5Lほどが失われるのだとか。食事で摂れる分を差し引いても、およそ1.2Lは飲み水として摂取する必要があるのです。水分不足は熱中症だけでなく、脳梗塞、心筋梗塞などさまざまなトラブルの原因に。日本人は平均的に水分摂取量が少ないといわれます。日頃から積極的な水分補給を心がけたいものです。

すぐれた健康効果を持つ水。女性にうれしいメリットもたくさん!

すぐれた健康効果を持つ水。女性にうれしいメリットもたくさん!

体に必要不可欠な水は、健康へのさまざまな効果もあります。まずは血液を通して体内に酸素や栄養分を運び、体内機能を正常に保つ効果。さらに、体内にはりめぐらされたリンパをきちんと流し、尿として老廃物をきちんと排出するためにも水分は欠かせません。加えて見逃せないのが肌への効果。ヒトが摂取した栄養や水分は生命維持に関わる器官に優先的に届けられ、肌は後回しにされがち。きちんと肌まで栄養や水分を行き渡らせるためには、十分な水分補給が大切なのです。このほか便秘やダイエットにも効果があるといわれます。

冷水? 常温? 水分補給の適切な温度は

冷水? 常温? 水分補給の適切な温度は

「冷たい水は体を冷やす」と、常温の水を飲む女性は多いのでは? 20〜35℃くらいの水は胃腸への負担が少なく、こまめな水分補給に適しています。一方、冷たい水は身体への吸収が早く、運動後のすみやかな水分補給にベスト。冷水が胃壁を刺激して便通がよくなる作用もあるので、起き抜けの一杯にもおすすめです。白湯と呼ばれる温かい水は、もっとも胃腸への負担が少なく、吸収もゆるやか。体をじんわり温めることができます。なお一度にたくさんの水分を摂っても体はうまく吸収することができないため、こまめな水分補給を心掛けたいもの。のどの渇きは脱水症状のサインなので、のどが渇く前に摂るよう意識することが大切です。

RECOMMEND ITEM

毎日のマイボトルライフにオススメアイテム

常温ボトルMシリーズ

商品一覧はこちら

バッグにすっぽり!保温・保冷ボトル Sシリーズ

商品一覧はこちら